HHKBに専用ケースは不要。キーボードルーフで持ち運ぼう

HHKBはライターやエンジニアがこよなく愛する特殊なキーボードです。

HHKB愛が強いと、キーボード自体の値段が高いにも関わらず、HHKBを大切に守るアイテムも欲しくなってしまうトラップがあります。

とくに、キーボード自体が特殊で一般の人は手を伸ばさないキー配列なので、需要が限られていて量産できないからか、HHKB関連のガジェット類は軒並み高価格。

でも他にサードパーティからの代替品がないので、原価はそんなにかかってないよね、という商品に数千円注ぎ込むことになります…

ナビYAKO
ナビYAKO

というわけで、HHKB Pro2購入にあたり、キーボードルーフを購入しましたのでレポします。

こんな感じのパッケージ

キーボードルーフ
ナビYAKO
ナビYAKO

バード電子製。まぁ、普通のパッケージですね。Apple的なオシャレ感はありません。

ただのアクリル版に4,000円…だけど質感いい。

キーボードルーフ

当然ですが、HHKB用に作られているのでぴったりです(Lite2には合いません)。

100均でも売ってそうなアクリル板に4,000円かよーと思いつつ、仕方ないのでポチりましたがけっこう質感はいいです。

3mm厚のアクリル板ですが、一枚の板をくっつけ合わせているのではなく、きちんと蓋の形状になっていて使っているうちに4辺が外れる、という心配はありません。

製造会社はPFUではなくバード電子です。HHKB用のパームレストや専用バッグを作っている会社ですね。

購入したのは透明ではなく「スモーキー」

キーボードルーフ

おそらく、透明はHHKBの白ユーザー、スモーキーは墨ユーザーに作られているんだと思います。

私はPro2を使っているのですが、あえてスモーキータイプを購入しました。

スモーキーって、黒がスケルトンになっているだけだろうと思っていましたが、ちょっと紫がかってもいて高級感があります。

白の上に載せてみても、違和感はありません。

スモーキーを選んだ理由は、できるだけ白い綺麗なHHKBを光による反応で黄色く変色させたくなかったから。

心配なのはゴム部分

キーボードルーフ

キーボードと直接接触して傷がつかないように、四隅に3mm経の小さな透明ゴムが貼られています。

これはアロンアルファみたいな強力糊でくっついているのかもしれませんが、日常的なホコリや光から守る使い方に加えて、持ち歩き用のキートップ保護の目的で使っている場合、剥がれてしまわないか心配…

予備ゴムも入っていなかったので、取れてしまったらなんとか自分で入手するしかないですね。

HHKB専用バッグよりもずっといい

当初はHHKB専用バッグやソフトケースを検討していましたが、自宅で使用していないときのホコリからの保護と持ち歩き用の蓋の役割をこなしてくれるので一石二鳥。

ただ、キーボードルーフはただHHKBに載せるだけなので、このままバッグに入れてしまうと外れてしまいます。

ですが、ゴムバンドをはめれば問題ないし、キーボードとキーボードルーフをカバンの中で他の物と擦れる傷から守るためには、簡易の袋に入れておけばいいんじゃないかなと。

専用バッグよりもコンパクト、シンプル、多機能、高級感、軽量で言うことなし。

日常のホコリから守るだけで、キーボードの汚れ方が全然変わる

今は職場で使っているんですが、以前使っていたマウスコンピュータのメンブレンキーボードは、7年くらいガンガン使ってだいぶ汚れていたので、キートップを全部外して水洗いし、中に溜まっていたゴミやクズを全部エアダスターで吹き飛ばして掃除しました。

マウスキーボード

気をつけてはいるものの、なんでこんなにゴミが溜まるんだ?というくらい汚くて、とても写真に残せる状態ではございませんでした。

メンブレンの安いキーボードでしたが、綺麗に掃除したあとにタイピングしたときの気持ちよさはすごかった。

ゴミが溜まっていると、当然ですが打鍵感にも影響するし、ホコリ避けはマストです。

で、ホコリ避けだけならサランラップでもいいんじゃないの?という人がいるかもしれませんが(いないか…)モバイルとして持ち運ぶときの蓋の役割というのは他にないですからね。

4,000円は高いな、と思っていましたが、実際に使ってみると「便利じゃん!」「高級感あるじゃん!」ということで、所有欲を満たしてくれます。HHKBがさらに高級感を増す感じ。

専用品だけに中央にHHKBのロゴもあり、キーボードとセットで使うとデフォルトでついてきた商品のようです。

だったら購入時に最初からセットでついているか、セットで買うと単品で買うよりちょっとお得に買えるとか、そういうサービスをして欲しい…

4,000円という金額は需要を考えると妥当かもしれませんが、2,000円くらいでもいいよね、という感じも否めません。

ただ、買って良かった!と思える商品であることは間違いありません。

ナビYAKO
ナビYAKO

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました