今すぐ提出!レバテックフリーランスの「スキルシート」。書き方のポイントを押さえて優良案件をゲットしよう!

スキルシートの書き方がいまいちよくわかりません。

ナビYAKO
ナビYAKO

スキルシートは早く出した方がいいですが、企業からの商談依頼率が大きく左右するところなので、ポイントを押さえてしっかり書き込むことが大切です!

この記事では、IT・WEB系の職種に特化したフリーランス専門エージェント「レバテックフリーランス」に必須のスキルシートの書き方のポイントをお伝えします。

登録時のスキルシートの提出は任意なので、出さないで放置する人も多いんですけど、そうすると登録はできても案件紹介や企業側からのオファーも来ることはありません。

登録したら一日でも早くスキルシートを提出してくださいね♬

レバテックフリーランスの基本情報

レバテックフリーランスについての口コミや評判、登録のメリットや注意点など詳細をこちらの記事にまとめています。

まだレバテックフリーランスについて詳しく知らない方は、併せてご参考にしてください。

レバテックフリーランス スキルシートのダウンロード

レバテックフリーランスのスキルシートのダウンロード方法は3通りあります。

レバテッククリエイター スキルシートのダウンロード方法
  1. PCからレバテックフリーランスに登録するときの登録フォームからダウンロード(エクセル)
  2. レバテックフリーランスの公式サイトからダウンロード(エクセル)
  3. スマホユーザーは、登録後の確認メールに添付されたエクセルのスキルシートを利用
ナビYAKO
ナビYAKO

スマホユーザーはエクセルデータは開けないと思いますので、「Googleスプレッドシート」を利用します。

Googleに登録していない人は、まず登録を済ませてください。

Googleにまだ登録していない人は、姉妹サイト「Go! WEBクリエイターズ!」のこちらの記事に詳しくやり方を載せていますのでご参考にしてください。

PCからレバテッククリエイターに登録するときの登録フォームからダウンロード(エクセル)

注意 ここで説明するスキルシートはスマホからはダウンロードできません。

レバテックフリーランス 登録画面
画面右側にある登録フォームで、まずは「電話番号」と「メールアドレス」を入力して「次へ進む」。
レバテックフリーランス 登録画面
次に、「氏名」「氏名かな」「生年月日」を入力して「次へ進む」。
レバテックフリーランス 登録画面
ここです! 登録の最後のステップで、スキルシートがダウンロードできるようになっています。
拡大図はこちら↓
レバテックフリーランス 登録画面
ナビYAKO
ナビYAKO

登録時のスキルシート提出は任意なので、ダウンロードしないまま登録することもできます。

レバテックフリーランスの公式サイトからダウンロード

レバテックフリーランスの公式サイトからも、スキルシートがダウンロードできるようになっています。

ナビYAKO
ナビYAKO

スキルシートのダウンロードページはちょっとややこしいので、ここから直接ダウンロードできるようにリンクを貼っておきますね!

ダウンロードのリンク先は、レバテッククリエイターの各種スプレッドシート元です。

レバテッククリエイターからのダウンロードになるので、安心してお使いください。

各職種のスキルシートのダウンロードはこちらから

ナビYAKO
ナビYAKO

PC用はエクセルシート、スマホ用はGoogleスプレッドシートになります。

開発系
職種PC用スマホ用
WEBアプリエンジニアダウンロード ダウンロード
スマホアプリエンジニアダウンロード ダウンロード
業務系アプリエンジニア ダウンロード ダウンロード
社内アプリエンジニア ダウンロードダウンロード
社内SEダウンロードダウンロード
インフラ系
職種PC用スマホ用
DBエンジニア ダウンロード ダウンロード
ネットワークエンジニアダウンロード ダウンロード
サーバエンジニアダウンロード ダウンロード
クリエイター系
職種PC用スマホ用
WEBデザイナー用 ダウンロード ダウンロード
WEBディレクター用 ダウンロード ダウンロード
ゲームプランナー用 ダウンロード ダウンロード
その他
職種PC用スマホ用
PM・PMOダウンロード ダウンロード
コンサルタント ダウンロード ダウンロード
ヘルプデスク ダウンロード ダウンロード
カスタマーサポート ダウンロードダウンロード
その他職種/未経験 ダウンロードダウンロード

データは2019年11月のものです。最新のデータが欲しい方は、レバテックフリーランスの「スキルシートの書き方」というコラムページの下の方にダウンロードリンクがあります。

スキルシートの記入ルール

スキルシートの記入ルールとポイント
  1. 直近の仕事から順番に書く
  2. 箇条書きで簡潔に
  3. A4サイズで2~3枚が妥当。多すぎると逆にアピールポイントがぶれる
  4. リリースされていないものや契約上公開できないものは、具体名は載せない
  5. ちょこっといじったことのあるツールでも経験があれば書く
  6. 誤字脱字がないか、提出前にチェック

直近の仕事から順番に書く

履歴書と違って、スキルシートは最近やった仕事をトップに持ってくるように書きます。

箇条書きで簡潔に

分かりやすさ、視認性を心がけ、じっくり読みこまないと理解できないような文章ではなく、箇条書きで書きます。

A4サイズで2~3枚が妥当。多すぎると逆にアピールポイントがぶれる

経験豊富で長年仕事をしてきた人は、参画案件数も多く膨大な量になってしまうこともあります。

が、それを全部網羅するのではなく、アピールしたいもの、ジャンルが異なるもの、スキルレベルが異なるものなど選別して載せましょう。

あまりに膨大な内容だと、アピールしたいスキルが埋もれ、逆にマイナスになってしまいます。

リリースされていないものや契約上公開できないものは、具体名は載せない

リリースされていないもの、契約上公開NGの参画案件に関しては、それがいかに有名でアピールしたいものであっても絶対に書いてはいけません。

理由は、採用担当者は「これってリリースされていない社外秘案件じゃないの? こういうのも書いてしまう人は信用できないから採用不可!」ってなってしまうため。自社案件を外に漏らす可能性がる人材とみなされるのでメリットはひとつもありません。

参画案件数が少なく、どうしても載せたい場合は具体名やクライアント名は記載せず、どんな立場で参画したのかとか、どんなことを意識して制作したかなどに留めましょう。

ちょこっといじったことのあるツールでも経験があれば書く

ちょっと触ったことがあるようなチーム開発などのツールも、「私のレベルじゃ書けないな」とは思わず、書くようにしましょう。

レベルに関しては口頭で説明してもいいですし、「触ったことがあるなら」とポテンシャル採用に結び付く可能性もあります。

誤字脱字がないか、提出前にチェック

提出前に必ず誤字脱字をチェックしましょう。

誤字脱字が多いと、「この人はダブルチェックをしていないな」とひと目でバレます。

そうすると、「仕事は適当」「責任感がない」「ミスが多そう」というマイナスなイメージしかつきません。

一旦マイナスなイメージを持たれると、どんなにアピールポイントがあったとしてもその魅力は半減してしまいます。

事前に避けられることなのですから、面倒がらずに必ず誤字脱字のチェックをしてから提出するようにしましょう。

なんで早くスキルシートを出さなくてはいけないの?

ナビYAKO
ナビYAKO

ずばり、人気の優良案件はあっという間にライバルに取られてしまうからです。

経験豊富な人は、高単価で労働条件も良く、今後の実績アピールにも有利な大手有名企業案件などの仕事をしたいですよね。

会社員として有名企業に転職することは無理でも、フリーランスとしてなら十分可能。

でもやはり、同じように狙っているライバルはたくさんいます。いわば早い者勝ち

レバテックフリーランスへの登録は済ませていても、スキルシートを提出していなければ参画案件の紹介は後回しにされてしまいます。

また、スキルシートを提出してから、レバテックフリーランスの専任カウンセラーとの面談等を行う必要があるので、すぐに紹介してもらえるわけではないのです。

なのでとにかくスキルシートは早めに出すこと。のんびりやっていると、その間に魅力的な案件はどんどん消えていってしまう… というのが現状です。

特に、WEBデザイナーやWEBディレクターなど、非エンジニア向け案件は非常に少ないので急ぎましょう!

なるほど!

登録するだけじゃなく、スキルシートの提出もマストなんですね!

スキルアップシートの提出方法は?

スキルアップシートは、3通りの方法があります。ひとつは冒頭で紹介した「登録時に一緒にアップロードして送ってしまう方法」。それ以外にも提出方法があります。

スキルアップシートの提出方法
  1. 登録時にダウンロードしたスキルシートを添付して登録完了する(一番確実&最速)
  2. 登録確認メールに添付されて送られてきたエクセルのスプレッドシートに記入して返信する
  3. スマホユーザーでGoogleスプレッドシートを利用した場合は、Googleマイドライブで共有する

メールに添付して送信

エクセルデータをダウンロードして作った場合は、スキルシート提出用メールアドレスに添付して送信します。

注意 スキルシートを添付して送るときは、ポートフォリオも一緒に添付して送りましょう!

メールには、あなたが誰かわかるように、登録時の情報を必ず添えて送ってください。

メールに必ず記載しておくもの
  • 氏名
  • カナ
  • 生年月日
  • 電話番号

提出用メールアドレス creator-entry@levtech.jp

Googleスプレッドシートでの共有

スマホユーザーで、登録も入力もスマホで完結したい! という人は、Googleスプレッドシートでの共有方法もあります。

詳しくはこちらの記事にまとめていますので、併せてご参考にしてください。

ナビYAKO
ナビYAKO

個人的に、一番楽なのは

①スプレッドシートは後回し。とにかく登録だけ簡単に先に済ませる。

②登録確認メールに添付して送られてきたスプレッドシートをダウンロードして作成、そのメールに返信

というのが、一番面倒じゃない気がします。

スマホユーザーも、作業はPCでやったほうが圧倒的に楽なので、一旦PCにメールを転送してダウンロードするのがスムーズですよ♫

タイトルとURLをコピーしました