手に職つけて海外ノマドを実現しよう!海外ノマドの魅力と方法

  • 日本は好きだけど、閉塞感がある…
  • パワハラが横行していていつもびくびく仕事している。
  • 休職制度はあるけど、実際に子供が生まれたら暗黙の了解で女性は退職の雰囲気がある
  • 通勤ラッシュがしんどい
  • 今の仕事の将来性が見えない
  • 今の仕事では何年続けてもスキルにはならない

そういう不安をぜーんぶ払拭してくれるのが「ノマドワーク」です。ノマドワーカーはフリーターとは違います。スキルと知識を武器にして働くプロフェッショナルです。

ナビYAKO
ナビYAKO

この記事では、海外ノマドの魅力と、それを実現させる方法についてWeb業界歴15年の私がご説明します。

ノマドってなに?

海外ノマド

ノマド(Nomad)とは決まった土地に定着せず、仕事がある場所に住まいを移しながら柔軟に対応するノマド(=遊牧民)にちなんで呼ばれるようになった働き方のことです。

会社や自宅というハコに縛られず、PCやWifi環境さえあれば世界中で働くことができるので、今や世界中のノマドワーカーたちが自由に自分たちが快適に働ける場所を求めて、カフェで仕事をしたり、海外に移住したりしています。

海外ノマドの魅力

労働ビザが必要ない

外国に暮らしてみたい、という気持ちがあっても現地で仕事をするには労働ビザが必要です。労働ビザは採用する企業側が用意してくれるものですが、手間もお金もかかるので積極的にやってくれる企業はほとんどありません。

現地の人よりも優秀であることが明らかであるとか、現地の知人が経営して協力的とか、または日本企業に勤めていて外国に転勤、というケースがほとんどです。

そういうわけで、今までは長期で外国に暮らす上での収入源はなく、旅行の延長で貯金で賄うしかありませんでしたが、今はPCとネット環境さえあれば打合せ、納品までできる仕事であればリモートワークが可能になり、海外ノマドが実現できるようになりました。

ナビYAKO
ナビYAKO

航空券も安いし、海外に行くこと自体、特別なことじゃなくなりましたよね。

アパートメントの賃貸契約が簡単

日本の場合、賃貸契約には敷金礼金や保証人が必要で、月単位の短期契約ができる物件は非常に限られています。

ノマド天国と言われるタイでは、クレジットカードがあればデポジットとして1か月分の家賃を預けることで即日から入居可能だったり、アパートメントの賃貸契約が日本では考えられないくらい簡単です。

固定費が安い

アジア圏でのノマドワークなら、家賃や食費などの生活費は質素に暮らせば月6万円でも可能と言われています。質素に、というのはカフェで仕事をするのではなく、現地で借りたアパートメントで仕事するスタイルですね。

カフェで仕事すると、当然コーヒーや軽食代は毎日かかるので、月に12万円~14万円はかかります。

ただ、日本で部屋を借りて生活しようとすると、最低15万円はかかるんじゃないでしょうか。電車代や車の維持費など、人間らしい暮らしをするにはお金かかりますよね。

ノマドワーカーは貧乏フリーターではなく、あくまでもスキルと知識を武器に働くプロワーカーなので、固定費が嵩む日本で会社員時代よりもみみっちい生活を強いられるなら、外国で上流な生活を安くできる方が魅力的です。

視野が広がる

外国の文化や生活習慣に触れると、今まで当たり前だと思っていた日本の常識が通用しなかったりします。異文化を通して色んな価値観を自分の中に取り入れることができます。

年功序列神話は崩れてきた日本ですが、それでもなんとなく、大学を卒業したら就職して、定年まで働いて…あとは年金がもらえるかどうか不安を抱えながら質素に暮らす、というシナリオがある気がしてなりません。

タイやベトナム、台湾などに行くと、人々の暮らしは日本よりもずっと質素ですが、のんびりと暮らしつつ子供から大人まで笑顔が絶えず幸せそうに見えます。幸せの尺度が変われば生き方や価値観が変わっていくのは自然なことですよね。

旅好きにはこれ以上最高な働き方はない

今は格安航空券で世界一周が大学生でもできる時代です。

収入を得ながら外国を旅しながら暮らすのは、旅好きや外国に興味がある人にとって夢のようなスタイルでしょう。

欧米やオーストラリアは今物価が上がっていて、けして安く暮らすことはできなくなっていますが、午前中仕事に集中して、午後は観光したり美味しいレストランで食事をしたりミュージカルを観に行ったり。

ナビYAKO
ナビYAKO

収入を確保しながら旅ができるというのは安心です。

海外ノマドは若いうちがいい。

20代ならいくらでもやり直しが効く

万が一失敗しても、海外ノマドで培ったフリーランスとしてのスキルと知識はけして無駄にはなりません。20代という若さなら失敗しても日本に帰って再就職すればいいので思いきりやってみればいいと思います。

20代ならまだ親も健在であると思うので、自分の家財道具一式、実家に預かってもらえるならトランクルームなどの契約も必要ありません。

また、20代ならバックパッカーたちと安宿に泊まることに抵抗感はないかもしれませんが、年齢を経ると疲れが取れなかったりして「プライベートな空間で、たっぷりお湯をためたバスタブに浸かりたい、広いベッドで快眠したい」という欲求が強くなります。

ナビYAKO
ナビYAKO

ノマドワークのノウハウや神髄を味わって、お得な暮らし方を実践しやすいのは若いうちなのかなぁ、とも思います。

40代以降で海外ノマドを実現する心構え

40代なら「プロ」を強く意識すること

40代でノマドワーカーというと、社会に馴染めなかったアウトローと世間からみられる風潮がまだありますよね。

ノマドワーカーという働き方が広まってきていますが、「フリーターと変わらないじゃん」と言われてしまうようなライフスタイルなら、会社員を辞めない方が良かった、ということになりますよね。

40代なら、自他共に認める圧倒的な知識とスキルを身につけておくべきです。会社という社会に馴染めなかったから、という理由でノマドワーカーになる人も多いと思いますが、社会から疎外されたわけではなく、自分でノマドワークという働き方を選んだという能動的な意識が大切です。

海外ノマドを経験して、ちょっとフリーランスはシンドイなぁ、日本に帰ろうかな…と思ったときに転職活動をするとして、年収500万円以上を稼いでいたなら、海外ノマドという経験を買ってくれる企業は必ずあると思います。

デキるノマドワーカーの企業側の印象

  • 一人で海外で仕事するなんて、行動力がある
  • 海外ノマド中にも多くの案件をこなしていて安心
  • 自己管理がしっかりできる人だろう
  • 自分で考え、実践することができるだろう

一方、その日暮らしが出来る程度の日銭を稼ぐレベルのノマドワーカーなら、フリーターと同じという印象を持たれるでしょう。それしか稼ぐ能力がない、日本社会には馴染めなかった人なんだ、という印象を持たれるかもしれません。

日本で働く以上、他の社員と調和を保つというのは日本の文化ですから、ちょっと馴染みそうにないなぁ、と判断されれば海外ノマドの経験もマイナスに働くわけです。

海外ノマドを実践するために、30代以降でプログラミングのスキルを身につけるとするなら、本格的に取り組んでください。

転職エージェントが運営する無料で学べるスクールもありますが、フリーランスとして生き残っていくためには、有料のスクールでガッツリ学んだ方が、結果的には後悔がないと思います。

30代以上の人におすすめのプログラミングスクールの情報を、姉妹サイト『Go! WEBクリエイターズ!』で詳しくまとめています。

ナビYAKO
ナビYAKO

ぜひご参考にしてみてください。

親の介護が必要になってくる40代

40代なら実家の親も年金暮らしで、そろそろ介護が必要かも…という人もいるでしょう。結婚しているなら、パートナーの理解や子供の教育の問題も出てきます。

ナビYAKO
ナビYAKO

40代以降の海外ノマドの夢を実現させるなら、1年のうち3ヵ月くらい海外ノマドで暮す、ということはどうでしょう。

リモートワークが可能できちんと収入を確保でき、日本から近いバンコク当たりならなにかあっても5時間で帰って来られます。台湾なら3時間。

子どもがすでに大学生以上になっていれば、年に3ヵ月程度夫婦で海外ノマドすることも可能ではないでしょうか。

親が高齢の場合、外国に永住するのは難しくても年に3ヵ月程度ならケアマネとプランを作りながら実現できるかもしれません。

海外ノマドに相性のいい職業

海外ノマドワーカーになりたいなら、悩んでいないで早くプログラミングのスキルを身につけて、20代の早いうちにエンジニアに転向した方がいいです。エンジニア以外にも、海外ノマドに相性のいい職業として、ライター、Webデザイナー、アフィリエイターなどがあります。

アフィエイターも月に100万円稼ぐ専業アフィリエイターもいますが、マーケティングやSEO、ライティングなど総合的なスキルと知識が必要で、圧倒的な記事執筆量で簡単に稼げるジャンルではありません。

ライターなら月に30万円くらいは稼ぐことは可能ですが競合は多いです。WebデザイナーもWebデザインだけでなくコンサルやマーケティングなどもフォローするWebクリエイターになれば、月50万円程度稼ぐことも可能です。

収入的な面では、一番手堅いのがエンジニア職で、フリーランスエンジニア向け案件は1件50万円、100万円、というのもザラにあるので十分に生活できます。

ナビYAKO
ナビYAKO

クリエイター系はノマドの相性抜群です♪

海外ノマドを実現するには

リモートワークが可能な仕事にシフトしましょう。

会社員は会社が税金を半分肩代わりしてくれるし、とりあえず出勤していればお金にはなるので楽、という人もいますが、長年働いてもスキルにもならない仕事をしているのは大きなリスクです。

女性の場合、結婚して養ってもらえばいい、と安易に考えるのも問題で、DVで離婚している人は年々急増しているし、経済的な問題で憎しみ合ってるのに離婚できないなんて状況を自力で回避するには、手に職を持つのが一番です。

自分の人生は自分で創る。そのためにはキャリア形成を早いうちにやっておくこと。結婚や子育てをライフプランの中に組み込むと、残された時間はわずかだということに気が付くはずです。 海外ノマドと相性のいいエンジニアになろうと思ったら、まずはスクールでプログラミングを勉強し、2年ほど企業で働いて経験を積み、それから海外ノマド、というプランが一番現実的ですが、そのプランでも最低2年半かかります。

逆算してみると、早く始めた方がいい、というこに気がつくでしょう。

ノマドワーカーになれるプログラミングが学べる学校をGo! WEBクリエイターズ!でまとめています。参考にしてみてくださいね。

ナビYAKO
ナビYAKO

海外ノマドや短期移住ができるのって、ワクワクします♬

タイトルとURLをコピーしました