制作時間を確保せよ!アウトソーシングを利用して収益アップ!外注化が鍵

フリーランスになって一番困ってることは「時間がない」ということです。

特に事務仕事は苦手な上に、お金にならないから後回しにしがちで…

なんかいい打開策はないかなぁ…

ナビYAKO
ナビYAKO

それなら、苦手なことやルーティンワークは外部に出してしまいましょう!

お金はかかりますが経費になるし、それよりも貴重な時間を案件にかけられるので、マネタイズできますよ!

フリーランスが一番頭を悩ませているのは「時間がない」ということですよね。

依頼はたくさん受けているのに、一人ではそれをサバく時間が到底ない!ということが起こります。

そんなときは外注を上手く使いながら、同時進行で数案件を回していくことが可能になり、マネタイズしやすくなります。

この記事では、フリーランスが便利に使えるアウトソーシングをご紹介します。

アウトソーシングを利用するメリット

フリーランスの場合、多忙すぎて一人では仕事が回せず収入が頭打ちになっている人は多いと思います。また体調を崩して寝込んでしまって数日間仕事ができないとなると、納期までに間に合わない、という心配もありますよね。

アウトソーシングを使い慣れておくのは、フリーランスのリスクヘッジとして非常に友好的です。

ナビYAKO
ナビYAKO

経費で計上できるので、税金対策として利用できますよ♬

アウトソーシングを利用するときの注意点

あなたの意図が相手にうまく伝わらず、納品されたものが使いものにならない、ということが起きます。

これは相手側のスキルの問題というより、発注者側の問題であることが多いです。

相手が理解しやすくスムーズに仕事をこなすためのポイント

外注に出すときのポイント
  • アウトソーシング用のマニュアルを作成する
  • アウトソーシング用の動画を作成する
  • 説明は完結に、箇条書きでまとめる
  • 重要ポイントを強調して伝え、依頼の内容が曖昧にならないようにする
  • 余計なことは書かない

依頼書は例えば100人が読んで100人とも同じイメージを持てないとダメです。

何を言いたいのかわからない、意図が読めない、という依頼で失敗するとお金のロスになるので、苦手な人は次に紹介する「フジ子さん 」に丸投げして依頼しましょう。

フジ子さん

フジ子さん は高い実務スキルのあるオンラインアシスタントです。フリーランスで「一人じゃ仕事が回らない!」ってときにアシスタントが欲しいですが、仕事の内容によって求めるスキルレベルが違ったり、適材を探すのってすごく大変です。

発注するときに、完璧に依頼内容をまとめておかないと、途中で「あ!これもお願い!」と融通が効かないのが従来のクラウドソーシングです。

フジ子さん は1ヵ月69,000円(30時間)で使え、ひと月単位で利用できるので、繁忙期だけ使うこともできます。

電話窓口、経理、人事、翻訳・通訳、Webのそれぞれのスキルの高い専門スタッフをメインアシスタントが全部束ねて調整してくれますので、仕事内容に合わせてスタッフ探しに奔走する必要もなく、メインアシスタントにすべて託せばすべて采配をふるってくれます。

月69,000円で優秀なスタッフを揃えた小さな会社を運営するような感覚です。しかも経費として扱えるので税金対策にもいいですね。

こんな人におすすめ
  • 注文が大量に入っているのに一人でさばき切れずマネタイズできない
  • 毎月忙しいわけじゃないから、必要なときだけ頼みたい
  • 頼みたい内容をまとめるのさえ苦痛。優秀なアシスタント一人に説明すれば全部任せられる状況が欲しい
  • 依頼内容が多岐ジャンルにわたる(経理、ライティング、イラスト制作など)

会社運営レベルの高いスキルを持つスタッフを揃えられるので、あなたは自分のやりたい仕事だけに集中でき、一人ではできなかったクオリティの高い仕事を複数進行させることができます。

結果クライアントも満足してくれて次に繋がるので、収益を伸ばしたいと思っているフリーランスの人は利用してみてはいかがでしょう。

ココナラ

WordPressのカスタマイズ、イラスト制作、ロゴ制作などによく利用する【PC用】無料登録する。特にクリエイティブ関連のスキルを持つ人が登録しているので、Webクリエイターの仕事には大変親和性の高いアウトソーシングとして安く利用できます。見積やカスタマイズの相談もできます。

もちろん、自分が制作者側として登録も可能です。

収入を安定させるためにココナラ で簡単なWordpressカスタマイズなどで収入を確保してはどうでしょうか。

ランサーズ

プログラミングの知識を要するWordpressで実現したいカスタマイズがあるときによく利用します。

またライターに記事執筆やアンケートを取るのにも便利です。ただ、「最近ちょっと勉強して覚えた」レベルの人も多く登録していて、年々質が下がっているという評判を良く聞きます。

まとめ

仕事は拡大していかないと収益増はできません。うまくアウトソーシングを利用して、収益を増やしていきましょう。

アウトソーシングにかける費用がもったいないと全部自分でやろうとする人がいますが、そういうマインドでいると収益の大幅アップは見込めません。

単純作業や自分では難しいプログラミングの部分は優秀な人にやってもらって、マーケティングの知識をインプットするための読書に充てるなど、いわゆる「社長」の仕事をしていかないといつまでも会社員よりも不安定な人生を送ることになります。

ナビYAKO
ナビYAKO

アウトソーシングをうまく使って、賢く稼ぎましょう!

タイトルとURLをコピーしました