PFUさん作ってください。5万円払ってでも欲しい理想のHHKBキーボード

変態キーボードと別名を持つPFU Happy Hacking Keyboard通称HHKB。

私のタイピングはかなり早い方で(ミスタイプも多いけど)、速打をもっと活かせる最高のキーボードが欲しくなり、エンジニアやライター御用達のHHKBを買いました。

初日でその魅力に取りつかれ、スコスコと心地いい打鍵音と感覚にすぐに虜になりました。

上位機種のBluetoothでもなく、静音タイプでもないProfessional2というモデルを意図を持って買って大満足なのですが、「もしこんなキーボードがHHKBにあったら5万円でも買いたい」と思う仕様を妄想してみました。

ナビYAKO
ナビYAKO

PFUさん、この記事を見ていたらぜひお願いします。

新HHKB妄想① BluetoothとUSB両刀使い

キーボード

HHKB BTは、Bluetoothモデルとして現行販売されていますが、とにかく「途中で切れる」「キーを打ち込む途中でBluetoothが切れると、そのキーの文字が永遠に連打状態になる」「ひどい場合には打ち込んだ文字をドミノ倒しのように消していく」という恐ろしいクチコミが散見しています。

どうもこれは、Bluetoothの宿命みたいで、PFUさんも「ある程度リスクは仕方ない」と思っている節もありそうですが…

でも、HHKBはプロ仕様。

仕事で使い倒すためのキーボードだから、こういう不具合はないものをぜひ欲しい。

で、Bluetoothだけでなく、USB接続だけでも繋がるようにしてほしい。

Bluetoothの製品て、今後バージョンが変わっていけばいずれ使えなくなるものですよね。パソコンがバージョンアップしていけば、使えなくなる可能性も大きいです。

けして安いものではないし、かつ静電容量無接点方式のキーボードは壊れにくいというメリットがあるのに、Bluetoothのバージョンが古くて使えません、なんてのはちょっと残念すぎます。

万が一Bluetoothが使えなくてなっても、もしくはなんらかの障害があって一時的にBluetoothが使えないときの保険としてUSB接続もできるようにしてほしいのです。

新HHKB妄想② 充電式ではなく、電池のままでOK

充電式にして欲しかった、と書いているブロガーもちらほらいますが、私は電池でOK、と思っています。

今でも単三乾電池で毎日使って3ヵ月はもつらしいので、電池で十分。

むしろバッテリーが劣化してBluetooth機能は使えなくなりました、なんてものに何万円もつぎ込む勇気はありません。

長く使えるキーボードが欲しいですから。

新HHKB妄想③ バックライトをつけてほしい

Bluetooth機能がある本格キーボードは、ノマドワーカーやリモートワークをしているクリエイターの人にはマストなものだと思います。

たとえば、飛行機の中で仕事をしたいというときに、手元が暗いと何も見えないので、バックライトをつけて欲しいな…

でも、無刻印モデルもあるくらいだから、バリバリのエンジニアは「見えなくたって打てるぜ」と馬鹿にされそうですが…

バックライト付きとなしと、2種類出して欲しいです。

夜、寝る前にベッドに入って作業をするときも、家人を起こさないように電気を消した暗い部屋でも、バックライトがあれば作業できるし、私的には欲しい機能。

新HHKB妄想④ キーボードルーフはデフォルトで付けてほしい

キーボードルーフって、なぜあんなに高いんでしょう。

独特すぎる配列をあえて使いたいというHHKBユーザーは限られているから、需要が少なくて価格が上がるという原理は理解できますが、4000円はちと高い。2000円くらいが妥当だと思う…

もとからセットにしてしまえばいいんじゃないかね、と思うんですが。

そんなに原価はかからなそうだし…

せめてモバイル前提のBluetooth版にはデフォルトで付けてもらえたら嬉しい。

新HHKB妄想⑤ 墨色に白い印字のシリーズも出して欲しい

無刻印を好んで使うユーザーも多いので、ちょっと言いにくいんですが…

墨色に、真っ白じゃなくても、たとえばクリーム色とか?もう少し目立つ色の印字のシリーズも作って欲しい。

ダサイ、と言われそうですが、レトロな雰囲気にもなりそうだし、案外いい気がするんですが。

「印字が見にくければ白を選べばいい」と言われそうですが、白いキーボードが黄色く変色するのが嫌で、しかたなく目をこすりながら墨を使っている、という人いるんじゃないかなぁ。

それくらい白いキーボードが黄色くなるサマは許しがたいのです…

黒いキーボードなら、10年使ってキートップがツルツルになっても愛着が沸きそうだし、40代で近くのものが見えづらくなるお年頃の人にとっても安心して見える、墨に白印字を密かに求めているユーザーは多いのではないかなぁと思うのです。

実はこの希望を全部満たしたキーボードが存在する

中国のNiZという会社がつくる、東プレとHHKBのパクリを昇華させたAtom66というモデルがあります。

これが、機能的には私の希望をすべて兼ね揃えていて、値段も20,000円以下と妥当。

でも…でも…やっぱり日本製が欲しいんですよ。

キートップのバリの甘さとか、Bluetoothが途中で壊れるとか、スタンドの爪がちゃちいとか、顧客窓口が中国人で色々アレとか、1年経たないうちに壊れそうとか、壊れないかと心配しながら使うとか、そういうのは欲しくないんです…

だからPFUさん、作ってください。お願いします。

まとめ

要するに、安定して繋がるBluetoothのHKKBが欲しいということ。そしてBluetoothのバージョンが古くなっても、USB接続で長く使えるようにしてほしい。

夜や暗い場所でもバックライトが光って作業ができ、見やすいように墨色に白い印字バージョンも出して欲しい…切実に。

キー荷重は35gのままでいいです。(NiZは付属のスプリングをキーに設置して、自分だけのオリジナル偏荷重キーボードを作れるらしい)

ナビYAKO
ナビYAKO

とはいえ、今使っているPRO2も大好きですが♥

タイトルとURLをコピーしました