レバテッククリエイターって在宅できる?常駐型?

僕、フリーランスになりたい理由のひとつに、コワーキングスペースとかカフェとかでリモートワークして、好きな音楽をヘッドフォンで聞きながら自由に働きたいっていうことがあるんですよね。

レバテッククリエイターって、在宅ワークできるんですか?

ナビYAKO
ナビYAKO

今後、働き方改革でリモートワークに対する企業の理解が進んでいくので、感触としては増えていく感じですが、現状ではほぼ週5日の常駐型です。

この記事では、フリーランス専門エージェントのレバテッククリエイターがリモート案件も扱っているのかをご説明します。

レバテッククリエイターについての口コミや評判、参画企業や詳細はこちらの記事にまとめています。併せてご参考にしてください。

基本、週5日の完全常駐型。

ナビYAKO
ナビYAKO

冒頭にも書きましたが、レバテッククリエイターの参画企業のほとんどが、週5日の完全常駐型のワーキングスタイルです。

そうなんですか?

スタバとかいくとMacbook開いて作業している人すごく多いから、憧れてたんだけどな…

ナビYAKO
ナビYAKO

まぁ、完全リモートで働いてる敏腕フリーランサーもいるでしょうけど、スタバで作業している人がみんなクリエイターやエンジニアってことはないと思いますよ…

プログラミング勉強している人とか、ただメール開いてる人とかいますから。

リモートワークOK! としている案件があったとしても、それは経験者向け。フリーランスエージェントに登録していて、もう長年色々な案件に参画していて評判が高いとか、大きなトラブルやミスを起こしてないとか、そういう人は商談のステージに乗ります。

でもそもそも、レバテッククリエイターは20代中心の経験浅めの若手クリエイター向けエージェントなので、リモートワークOKな案件はほとんどありません。

また、週2日~3日OK、という案件も稀に出るようですが、基本は週5日の完全常駐型が多いです。

単純に、完全リモートは企業側からだと管理しづらい

会社で制作チームがあって、フリーランスに仕事を振るときとか、細かい指示や連絡事項とか、リモートワークだと全部メールとかSlackとかで指示を与えなくちゃいけませんよね。

フリーランスの人で在宅で仕事をしたい、と思っている人って、たとえば家事や育児と両立したいとか、日中は自由に遊んだりして夜集中して仕事したいとかいう人もいます。

でも企業側からしたら、連絡できる時間帯(つまり自分たちが働いている日中の時間帯)に迅速なやり取りができないと仕事にならないわけです。

急ぎの修正なのに連絡が取れないとか、連絡しても返事が遅いとか、リモートワークに対して企業トップというより、現場のスタッフが嫌がる傾向があります。

情報漏洩やモラル

会社員なら、たとえば個人情報の管理とかにはかなり厳重な管理の下で仕事しているから安心ですけど、在宅とかリモートで働くフリーランスをどこまで信用できるか、という問題です。

上にも書きましたけど、東京・表参道あたりのスタバにいくと、客の半分はMacbook広げて何やら作業している風景に出くわしますが、見ていてハラハラします。

これからリリースするであろうWEBデザインを丸見えで作業しているデザイナーもいました。スタートアップ企業で、新商品をこれからリリースする、なんていう場合、情報がダダ洩れだとかなりのリスクだし、会社名がバレれば「管理がなってないなぁ」というマイナスな印象を持たれます。

まとめ

レバテッククリエイターは20代向けの若手クリエイター向けのフリーランス専門エージェントです。そのため、経験浅めのクリエイターでも登録できる貴重な存在。

ただし、リモート案件はほとんどなく、基本は週5日の完全常駐型です。

在宅やリモートがしたいという場合は、リモート案件を豊富に扱う別のエージェントに登録しましょう。

ナビYAKO
ナビYAKO

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました