レバテックフリーランスは企業常駐型。勤務先エリアはどこ!?

レバテックフリーランスに興味があります。

高単価案件が豊富で、年収アップが期待できそう!

ナビYAKO
ナビYAKO

レバテックフリーランスは、中級~上級レベルの経験者向けエージェントです。

IT・WEB関連職種を専門に扱っていて、特にWEB系エンジニアの魅力的な案件が豊富です。

レバテックフリーランスの口コミや評判、詳細等はこちらの記事にまとめています。併せてご参考にしてください。

レバテックフリーランスは、リモートワークではなく企業常駐型

企業常駐型? どういう意味ですか?

ナビYAKO
ナビYAKO

では簡単にご説明しますね!

フリーランスの働き方には2つあって、ひとつは自分で顧客開拓をし、直受けする方法です。

もう一つは、フリーランスエージェントに登録し、エージェントを介して案件に参画する方法です。

それぞれにメリット、デメリットは存在します。

メリットデメリット
直受け ・マージンが抜かれない
・ ある程度の融通を通しやすい
・ 自宅やコワーキング等でのリモ ・ ート可能なケースが多い
・報酬の振込確認をチェックしなくてはいけない。入っていない場合は請求も。
・受注数が不安定
・個人でやることによるリスクが多い

エージェント登録 ・コンサルが仲介して面倒な手続きはすべて代行
・面談にコンサルが同行してくれる
・単価交渉、継続交渉をしてもらえる
・ブランクが空かないよう、前倒しで次の案件の確認・準備ができる
・仲介マージンが多少かかる
・参画エリアがエージェントによって限定
・企業常駐型がメイン

僕は営業苦手だし、価格交渉なんて自信ないからエージェントにやってもらええたらすごく嬉しいな。

ナビYAKO
ナビYAKO

マージン(手数料)はかかりますが、レバテックフリーランスの場合低めですし、「専属秘書」を雇っていると思えば妥当ですね♪

参画企業のエリアはどこ?

参画企業のエリアはどこですか? やっぱり地方となると厳しいのかな。

ナビYAKO
ナビYAKO

レバテックフリーランスの場合、エリアは首都圏、関西、名古屋、福岡に限定されます。

レバテックフリーランスは、IT・WEB関連のエンジニア職種を豊富に扱っている専門エージェント。

必然的に、IT企業がひしめいている都市部での参画になります。

関西エリアも、基本は大阪で、兵庫や京都の案件は少なめでしょう。

フリーランスは「全国どこでも」「海外でも仕事ができる」と思われがちですが、日本国内のエンジニアの場合、現時点ではリモートワークは全体的に少なく、どのエージェントも常駐型案件がメインになるかと思います。

増えてきている募集職種

業界ではRubyは下火と言われつつありますが、日本人が作った言語ということもあり導入している企業はまだまだ多い印象。

確実に増えてきつつあるのは、ビッグデータが扱えるPythonエンジニアと、ゲーム関連のエンジニアですね。

どちらも需要は右肩上がりにグングン伸びているにもかかわらず、人材不足に悩んでいる業界なので高単価で参画できる魅力的な案件が豊富に登録されています。

ナビYAKO
ナビYAKO

以上、ご参考にしてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました