フリーランスコースがある!TECH::EXPERTフリーランスコースってどう?口コミ・評判は?

海外ノマドワーカーをめざしたい!
自由な働き方を実現したい!

最近、副業解禁を国も推奨するようになり、リモートワークができるフリーランスに関心のある若者が増えてきました。

この記事では、海外ノマドワーカーをめざすためにはどういう準備が必要か、どういうスキルが必要かを説明しながら、最短でノマドワーカーになれる方法をお伝えします。

ナビYAKO
ナビYAKO

この記事は、Webクリエイターやエディトリアルデザイナーとしてパラレルワークをしている実績23年の私が書いています。

テックエキスパート フリーランスコースの基本情報

TECH::EXPERT(テックエキスパート)は、エンジニア転職希望者向けの本格的プログラミングスクールです。学ぶ言語はRuby。Rubyエンジニアとして企業への転職を成功させます。

フリーランスコースとは、このテックエキスパートのカリキュラムはそのままに、転職ではなくフリーランスになるためのTIPSが加わったもの。

フリーランスが集うイベントの紹介があったり、フリーランスとしてデビューするために必要なもの(名刺づくりや人脈づくりなど)を教わります。

自由に働けるというのはこれからの時代、最強の武器

会社員が安定という神話はもう過去のものとなりました。

赤字続きの大手電機メーカーに勤務している営業職の知人は、何度もリストラを促す出向を言い渡され、最悪の条件下でも耐えて働き続けています。

自由に働けるというのは、「この会社を一歩出ると使い物にならない」という付きまとう不安から逃れられるということです。

政府が副業解禁を提唱したこともあり、今後はリモートワークをする人が増えると思いますが、会社に勤務している限り「この会社を辞めたら次があるかな?」という不安からは開放されないと思います。

リスクを取らない安全な方法でノマドワーカーになる方法

会社員で働いていた人が、今日からノマドワーカーになる!といって会社を辞め、スクールに通うのはお勧めできません。

収入が途絶えるとメンタル的にも辛いものがあります。

ノマドワーカーを目指すなら、今の仕事をキープしつつ、まずはスクールに通ってWeb制作ができるようになり副業から始めるのがベスト。

月に最低10万円くらい確実に稼げるようになってから、独立を考えましょう。

今働いている会社が毎日のように終電まで残業、徹夜もあるという劣悪な環境なら、ノマドワーカーになることを最終目的とし、思い切って定時で上がれる会社に転職するか、派遣社員になって時間を確保する、ということも検討してみてください。

20代のあなたの場合

20代だったら楽勝ですね。時間はたっぷりあります。

また、Webプログラミングのスキルを身につけたら転職も容易にできます。

今はWebプログラマーは不足しているので、どの企業もこぞって人材確保に力を入れていますから。
ただし、重要なのは「スクール選び」です。

スクール選びについては後述しますので、読みすすめてください。

35歳以上の場合

35歳以上の場合、未経験からの転職がグっと厳しくなる年齢です。

また、転職事情で35歳は厳しいと思い込んでいて、今の職場に不満を抱きつつも毎月安定して給料がもらえる環境に甘んじてしまう年齢でもあります。

ナビYAKO
ナビYAKO

でも、Webクリエイターの私からアドバイスさせていただくと、35歳、全然イケます。

個人的には40代だって大丈夫だと思っています。

なぜならフリーランスを目指せばいいからです。

フリーランスの場合、仕事を受注する歳に年齢はネックにはなりません。

むしろ20代前半の若い人よりも社会経験も長く、ビジネスルールや礼儀も知っているし、クライアントと年齢が近かったりして安心感や信頼感を得られるメリットがあります。

ただ、35歳以上の人は、すぐにスクールに通ってください。

独学はダメです。断言します。

独学は途中で挫折しやすい上、マスターするのに時間がかかりますし、実務で大事な要点を独学者は自分で学びづらい、という欠点があります。

私はインハウスデザイナーということもあり、独学で少しずつ覚えていったのですが、とにかく時間がかかりました。

スクールに通った方がいい、というのは私がかなり苦労したからです。

独学でもできる、と言っている人は、すでに何らかのプログラミング言語をひとつマスターしていて、追加で別の言語を覚えるというケースではないでしょうか。

初心者の人は、htmlとcssくらいまでなら独学でもできるでしょうが、JavaScriptなどのプログラミングやサーバー環境構築という段階になると挫折する可能性が高いと思います。

スクールに通うお金がもったいなからと独学で勉強する人もいますが、現場でライバルと戦うとき、独学者の場合「実務ではこんなの使えないよ!」と言われてしまうことが多いのも事実。

ナビYAKO
ナビYAKO

自己投資だと思ってスクールに通い基礎を固め『型』を身につけ、スキルアップは独学で勉強していくのが最も効率的で賢い方法です。

現役で活躍している講師から、実務で使えるWeb制作のノウハウを教えてもらうことは、今後独立したときに大きなアドバンテージになると思いますよ。

いきなりフリーランスが唯一可能なTECH::EXPERTフリーランスコース

ナビYAKO
ナビYAKO

質問です。もしあなたが、中途半端な知識とスキルしか身につけていなかったら、ノマドワークできると思いますか?

クライアントから依頼された仕様を再現できないと、もうかなりパニクりますよ。

それに、プログラミングができた!と思ってもバグが出て、そのバグがどこにあるのかを特定する、なんてことが頻発したら時間がものすごくかかりマネタイズも難しくなります。

納期に間に合わず、最悪ペナルティを食らうことも。

そうならないためにも、とにかくしっかりプログラミングを身につけさせてくれる、営利が最優先ではなく受講生を最優先に、講師・カリキュラム・制度・環境が整っているスクールを選ぶべきなのです。

たぶん、適当にしか身につけられなかったら、フリーランスになっても「これでいいのかな…」とずっと不安を抱えたまま、けしてハッピーとは言えないノマドワークになると思います。

TECH::EXPERTフリーランスコースをおすすめする理由

それでは、 テックエキスパート のフリーランスコースで学ぶメリットをお伝えします。

テックエキスパートは圧倒的な受講時間。プロの実力を身につけられる

テックエキスパートは、プログラミングスクールの中でも群を抜いて講義時間数が多いのが特徴です。

プログラミングを習得するのに最低600時間~1000時間を要すると言われていますが、その基準である600時間でみっちり学びます。

トップレベルのフルスタックWebクリエイターになりたい人向けのスクールですね。

トップレベルとはいえ、カリキュラムは初心者を対象としているので、基礎から着実に進んでいくので心配はありません。

そういう、基礎をしっかり身につけられる本格的で正統なカリキュラムを行っている テックエキスパートに、「フリーランス向けのコース」があります。

基本的なカリキュラムは テックエキスパート と同じ内容なので、そこは問題なし。

フリーランスコースでは、さらにフリーランスになるために必要な手続きやノウハウ全般を学べます。

他のスクールでは「いきなりノマドワーカー」はほぼ無理

他スクールでも、フリーランスになれる!と謳っているところがほとんどです。

たしかにWebクリエイターはフリーランスになれるから間違いではありません。

ただ、案件獲得方法とか、新規顧客開拓、税金対策、青色申告などなど、そういうフリーランスに必要なノウハウは「フリーランスをやっているメンターに聞いてね」というスタンスがほとんどです。

自分についたメンターが大学生アルバイトだったり、スクール卒の新人プログラマーだったら、活きたノウハウなんて教えてもらえるはずがありません。

他校で「フリーランスになれる!」と謳っているのは、あくまでも「Webクリエイターはフリーランスになれる職業ですよ」という意味で、「この学校を卒業するとフリーランスになれますよ」という意味ではないので注意しましょう。

ゼロからWebサービスを企画して立ち上げるカリキュラム

テックエキスパートが「いきなりフリーランス」になることを可能にしているのは、圧倒的な時間数の中で、自分で企画からWebサービスの構築まで一通り作るというカリキュラムだからです。

まずはプログラミングの基礎をしっかり固める。

そして次は、実際にゼロからWebサービスを企画し、どういう機能を盛り込むか、どうやったら便利になるかなどを考えプログラミングをしていきます。

実際に手を動かしてプログラミンすると、必ず「あれ、この機能を実現するにはどうしたらいいんだろう?」という疑問が出てきます。

それを自分で調べて解決したり、講師に聞いてクリアしたりしながらひとつのWebサービスをゼロから完結するまでの過程で、確実にスキルが身につく、というカリキュラムです。

実際にすぐフリーランスになった卒業生がたくさんいる

では、転職を挟まずそのまま起業した卒業生を実名と本人の顔写真付きで紹介しています。

「写真はイメージです」なんて小さな文字で表示していて、素材は著作権フリーの顔写真、なんていうスクールもありますから、卒業生の声の信憑性は微妙です。

TECH::EXPERTフリーランスコースを卒業して、すぐに起業した人たちが実際に存在しているというのは受ける側としては安心なのではないでしょうか。

テックエキスパートは現役プログラマーも通うスクール

先日、TECH::EXPERTのセミナーに参加したのですが、その会場にはざっと60名もの人が集まっていました。

隣に座っていた参加者2人に話を聞くと、どちらも今Webエンジニアとして会社で働いている、とのことでした。

まだ経験が浅く、会社の先輩からTECH::EXPERTを勧められたから来てみた、とのことでした。

ちなみに、私は他の某プログラミングスクールにも取材に行ったことがありますが、非常に閑散としていて活気がなく、「公式サイトを見ているだけではわからないな」という印象でした。

TECH::EXPERTは、講師もそうですが、たとえばセミナーを担当する広報の人、受付の人も皆プロフェッショナル、という感じで好感が持てました。

現役プログラマーが推薦するスクールなので、間違いはないでしょう。

TECH::EXPERTについては色々記事にしているので、ご参考にしてください。

今すぐ始めることが将来の明暗をわける

もし海外ノマドを実現したい!と思ったら、すぐに行動することです。

頭の中で想像したり、夢を語るという行為からは何も生まれません。

モチベーションは高まりますが、一歩も進んでいない状態です。

成功したいなら動くことです。今すぐに始めること。

会社を辞めずに就業後にスクールに通って、3ヶ月後には新しい人生が始められます。

ナビYAKO
ナビYAKO

そのためには、確実に目標に向かって、圧倒的な努力をしてください。

とりあえず3ヶ月。3ヶ月はがむしゃらに手を動かし、覚えること。

飲みの誘いも、彼女とのデートも、温泉旅行も封印してください。

「もう30代」「もう40代」と言って諦めるのはもう終わり!

私は今の日本にすごく閉塞感を感じています。

人生100年と言われて始めたこの時代に、転職市場ギリギリなのは35歳なんてふざけてます。

アメリカでは、40代からプログラミングを始める人なんてザラですし、転職に不利になることもないと聞いています。実力主義ですからね。

ただ、フリーランスの世界では、アメリカ同様実力主義です。

ナビYAKO
ナビYAKO

「この人と仕事したいな」と思う人って、年齢で決めないですよね?

少子高齢化で、どんどん働き手が少なくなっている現状の中、今後は「35歳まで」という制限はなくなっていくと予想しています。

Webプログラミングは天才しかできないわけでも、理系の人しかできないわけでもありません。

年齢で今諦めたら、数年後「年齢なんて関係ない」という時代になったとき「あの時やっておけば良かった!」と後悔することになります。

それから、比較できるのはあなたの過去と現在だけ。他人の人生や価値観と比較したって意味がありません。

未来を作るためには今を変えるだけです。

それでもあなたの年齢がネックになるだったら、海外ノマドの夢は諦めた方がいいかもしれません。

年齢で諦める程度の夢だったら、あなたの深層心理では「心底やりたいことではない」可能性が高いからです。

自由と実力を備えたあなたが最強の武器となり世界を渡り歩け!

一度きりの人生。

今のまま会社に残って定年まで働くのも、フリーランスになって海外ノマドを実現するのも、あなたの自由です。

スクールに通って、海外ノマドするのが一番の幸せだ!とも言いません。

ただ、後悔はしないで欲しい、と思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

けして安い受講料ではありませんから、実際にあなたの目で確認してみるといいでしょう。

おそらく、この記事で私が書いていることは間違いない、と確信していただけるはずです。

海外ノマドをするレベルのフルスタックWebクリエイターになりたいなら、TECH::EXPERTがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました